1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

北日本や北陸の山沿いは大雪注意 50cm近く積もるところも

ウェザーニュース / 2023年11月29日 7時30分

ウェザーニュース

今日29日(水)は低気圧がオホーツク海で発達して冬型の気圧配置が強まります。この時期としては強い寒気が南下するため、北海道は平地でも、東北や北陸では山沿いで雪が強まるおそれがあります。

明日30日(木)にかけて、多いところでは新たに50cm近い雪が積もることが予想され、大雪に注意が必要です。

雪の強まりや雹(ひょう)などにも注意

昨日は気温が上がり、北海道では雪ではなく雨の降っていたところもありましたが、今朝は日本海側を中心にしっかりとした雪となっています。7時までの1時間に札幌市南区のアメダス小金湯では4cmの雪が降りました。東北でも北部では雪が降っていて、青森では7時までに2cmの積雪を観測しています。

明日30日(木)にかけてが寒気の南下のピークで、平地で雪を降らせる目安となる上空1500m付近で−6℃以下の寒気が東北南部まで覆い、北海道にはさらに強い−15℃以下の寒気が南下する予想です。

北海道から東北北部は平野部も含めて広い範囲で雪が降り、東北南部から関東北部や甲信、北陸にかけての山沿いでもしっかりとした雪になるとみられます。また、今日は新潟県から東北南部に、明日は北陸から山陰にかけて日本海から発達した雲が流れ込みやすく、雪にならなくても雷や雹(ひょう)を伴って雨が強まることが考えられます。突風にも注意してください。

今夜から明日30日(木)午前にかけては、上空の気圧の谷が通過するため雪雲が発達しやすく、積雪が一気に増えるおそれがあります。沿岸部を中心に風も強いため、吹雪による視界不良に注意が必要です。

山沿いでは大雪に警戒

明日30日(木)にかけての積雪予想

明日30日(木)にかけて新たに積もる雪の量は、北海道や東北北部の広い範囲と、東北南部や関東北部、甲信、北陸の内陸部などで10cm以上となる見込みで、山沿いでは30cm以上になるところが多くなります。場所によっては50cm近くに達する予想です。

東北や北陸では先週末よりも多くの雪が一気に積もる予想となっており、積雪によって路面状況が著しく悪化したり、山間部では雪崩が発生する危険があるので注意が必要です。

雪の積もる市街地では冬用タイヤ装着はもちろんのこと、山沿いの峠道などでは走行が難しくなる場所も出てくるとみられます。また、除雪が必要な地域が増えますので、最新の気象情報を確認するようにしてください。

ピークは超えるものの12月に入ってからも、北日本では雪の降りやすい状況が続く見込みです。

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください