1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

北陸から北日本は雷雨に注意 風も強く日本海側には暴風警報

ウェザーニュース / 2023年12月7日 10時0分

ウェザーニュース

今日7日(木)は前線を伴った低気圧が日本海を発達しながら進んでいます。北陸から北日本では局地的な雷雨に注意が必要です。日本海側を中心に風も強まり、一部の地域には暴風警報が発表されています。

雷や霰、突風を伴うことも

低気圧や前線の周辺では雨雲が発達しています。昨夜遅くから今日未明にかけては山陰など西日本に強い雨を降らせました。低気圧の東進に伴って雨雲も東に移動し、北陸や北日本が雨の中心になっています。

これから昼過ぎにかけて前線が通過するタイミングでは短時間に強い雨が降ったり、雷や霰(あられ)、突風などを伴うおそれがあるため注意が必要です。

前線が通過した後は一時的に冬型の気圧配置となるため、北日本の日本海側では雨から雪に変わる所が多くなります。短時間に積雪が急増したり、吹雪で見通しが悪くなることがありますので、夜間に車で移動する場合は十分に注意をしてください。

瞬間的には30m/s前後の暴風のおそれ

低気圧の発達に伴って日本海沿岸では風の強まっている所が多く、9時00分までの最大瞬間風速は山形県酒田市・飛島と新潟県佐渡市・両津で27.5m/s、京都府京丹後市・間人で23.4m/sを観測しています。

低気圧は今夜にかけて発達を続ける予想で、風はさらに強まる見込みです。今日夕方の風の分布を見ると、北陸から北日本の日本海側や東海から伊豆諸島、東北の太平洋側で平均15〜20m/sの風が予想され、瞬間的には30m/sを超える暴風となるおそれがあります。

すでに北海道、東北の日本海側には暴風警報が発表されている地域があります。暴風による交通機関への影響や、飛来物、停電などへの備えが必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください