中村俊輔のキックから全3ゴールを挙げた横浜FMが柏を下して連勝《J1》

超ワールドサッカー / 2016年5月29日 14時56分

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節の横浜Fマリノスvs柏レイソルが29日に日産スタジアムで行われ、横浜FMが3-0で勝利した。

▽ここまで5勝3分け5敗で9位の横浜FMと、6勝4分け3敗の柏が相まみえた。締まった立ち上がりを経て、最初に決定機を迎えたのは柏。15分、鎌田が遠めの位置から右足を振る。鋭いシュートがゴールに飛んだが、右ポストに直撃。跳ね返りがGK榎本に当たって再びゴール方向に飛ぶも、わずかに枠をはずれた。



▽ハーフタイムにかけても一進一退の攻防が繰り広げられる。その中で試合の均衡を破ったのは、ベテランラインが生きた横浜FMだった。45分、中村の右CKにニアサイドに走りこんだ中澤がヘッド。このシュートがファーサイドのネットに収まり、中澤の今季2ゴール目で横浜FMが先行した。

▽迎えた後半、横浜FMは再びセットプレーから得点を生み出す。中村が蹴った右CKがクリアされたところを中町が頭で落とす。ゴール前に流れたボールに反応した齋藤がうまくゴール右にダイレクトでシュートを流し込んで、リードを2点に広げた。

▽終盤は重心を下げた横浜FMに対して、柏が攻める時間が長くなる。それでも、70分に決定機を演出したのは横浜FM。右サイドの小林が上げたクロスにファーサイドでフリーとなった中町がボレーで合わせる。しかし、このシュートは枠を捉えることができなかった。

▽それでも、87分には再び中村のCKからゴール。セカンドボールを拾った中町がボックス左付近から上げたクロスに頭で合わせたパク・ジョンスがゴール右にシュートを流し込んで勝負あり。全3ゴールを中村のキックから記録した横浜FMが、前節のヴィッセル神戸戦に続く勝利を挙げた。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング