名古屋がすみだとの上位対決を制して首位をキープ!!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年11月3日 21時20分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽3日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第17節の4試合が行われた。バサジィ大分vsバルドラール浦安は、浦安が5-3で勝利。ヴォスクオーレ仙台vsデウソン神戸は、神戸が5-3で勝利し、フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズは名古屋が3-2で競り勝った。府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松は、3-3のドローに終わっている。


◆バサジィ大分vsバルドラール浦安
▽5位の大分(勝ち点26)と7位の浦安(勝ち点21)の対戦。試合は2分に熊谷知紀のゴールで大分が先手を取る。しかし浦安は直後にチュスのゴールで同点とすると、そこから2ゴールを重ねて前半のうちに3-1と逆転に成功した。後半は大分が、元浦安の田中優輝のゴールなどで3-3と試合を振り出しに戻すが、終盤に浦安がケニーと小宮山友祐が連続ゴールを奪い、アウェイで勝ち点3を獲得した。

◆ヴォスクオーレ仙台vsデウソン神戸
▽11位の仙台(勝ち点8)と8位の神戸(勝ち点20)の対戦。前半こそ1-1とロースコアに終わるも、後半は打ち合いとなる。25分にそれぞれが1ゴールを加えて2-2となると、26分に松宮充義のゴールで神戸が勝ち越し。その後も稲田瑞穂、相井忍と神戸のゴールスコアラーが連続でネットを揺らし、仙台の反撃を1点に食いとどめて5-3で勝利した。

◆フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズ
▽3位のすみだ(勝ち点35)と首位に立つ名古屋(勝ち点39)の上位対決は、14分に星龍太のゴールで名古屋が先制する。そのまま後半を迎えると、26分には前鈍内マティアスエルナンが追加点を奪う。すみだは25分に山村和士がFリーグ初ゴールを奪い点差を詰めるも、27分にはシンビーニャがネットを揺らして、名古屋が3-1とした。28分、すみだは右サイドのキックインから名古屋のオウンゴールを誘発して1点差とするが反撃もここまで。名古屋が上位対決を制して首位をキープした。

◆府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松
▽6位・府中(勝ち点23)と12位・浜松(勝ち点8)の一戦は、2分に山蔦一弘のゴールで浜松が先行すると、16分には萩原洪拓が追加点を奪う。府中も16分に永島俊がネットを揺らして前半を終えると、24分には宮田義人が同点ゴールを奪う。迎えた31分、シーズン中に府中から浜松に加入した三井健のお礼弾が決まって浜松が勝ち越し。直後からパワープレーにでた府中は、39分に皆本晃が同点ゴールを奪う。そこから浜松もパワープレーを選択するなど、お互いに勝利を目指してしのぎを削るがドロー決着となった。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング