名古屋が休養中だった小倉氏との契約解除を発表…GM職には横浜FMで指揮を執った下條氏が就任

超ワールドサッカー / 2016年11月20日 8時8分

▽クラブ史上初となるJ2降格が決まった名古屋グランパスは19日、小倉隆史GM兼監督との契約で監督職については契約の満了、GM職については双方合意の上で契約を解除すると発表した。

▽小倉氏は今シーズン、GM兼監督を務める形で名古屋の指揮官に就任。しかしクラブ史上ワーストとなるリーグ戦17試合勝ちなしなどチームは低迷。同氏は8月23日に休養となり、ボスコ・ジュロヴスキー氏が暫定指揮官を務めていた。

▽なお、名古屋は小倉氏の退任によりGM職には下條佳明氏が就任することを発表している。下條氏は日産サッカー部でプレーし、現役引退後は横浜フリューゲルスのヘッドコーチなどを務め、2001年からは横浜F・マリノスの監督を務めた。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング