W杯王者ドイツがアジア王者オーストラリア相手に辛勝! 新戦力機能もGKレノのミス響き苦戦…《コンフェデレーションズカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年6月20日 1時59分

写真:Getty Images

▽コンフェデレーションズカップ2017グループB第1節のオーストラリア代表vsドイツ代表が19日に行われ、ドイツが3-2で勝利した。

▽2014年ブラジル・ワールドカップ王者として今大会に臨むドイツだが、レーブ監督はクロースやエジル、ノイアー、ミュラーなど、主だった主力を招集せず、若手や代表経験が少ないメンバー中心のスカッドで戦うことを選択。今回の初戦に向けては、GKにレノ、最終ラインは右からキミッヒ、ムスタフィ、リュディガー、ヘクター。中盤はルディがアンカーに入り、2列目は右からブラント、ゴレツカ、シュティンドル、ドラクスラー、1トップにワグナーが入る[4-1-4-1]の布陣を採用した。

▽一方、アジア王者として参戦するオーストラリアは、[3-2-4-1]の布陣を採用。GKにライアン、3バックにはミロシュ・デゲネク、セインズベリー、ライト。中盤はマーク・ミリガン、ルオンゴがセントラルMFに入り、2列目は右からレッキー、ロギッチ、ムーイ、ベヒッチと並び、1トップにユリッチが起用された。なお、デゲネクは現在横浜F・マリノスに在籍しており、ミリガンはジェフユナイテッド市原・千葉でプレー経験があるJリーグ経験者だ。

▽立ち上がりからドイツが押し込む入りとなった中、開始5分に先制点が生まれる。右サイドのキミッヒから中央のゴレツカを経由したボールが右サイドに走り込むブラントに渡る。ドリブルで持ち上がったブラントがボックス右をえぐってマイナスに折り返すと、中央で完全にフリーとなったシュティンドルが冷静に右足のシュートを突き刺した。

▽シュティンドルの代表初ゴールで幸先良く先制に成功したドイツは、その後も積極的なポジションチェンジ、素早いトランジションを生かし、中央とサイドを巧みに織り交ぜた多彩な攻めでオーストラリアを翻弄。21分には23分にはゴレツカの絶妙なラストパスに抜け出したブラント、ワグナーに続けて決定機も、相手GKライアンの好守などに阻まれ、追加点とはならず。27分にもボックス手前でドラクスラーからパスを受けたブラントが渾身の右足ミドルを放つが、枠の右隅を捉えたシュートはGKライアンのビッグセーブに遭う。

▽一方、2点目こそ与えていないものの防戦一方のオーストラリアは、ビルドアップや中盤のパス回しで相手のプレスに嵌められ、前線のユリッチに効果的なボールを供給できない。37分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのムーイがゴール前に入れたボールにオフサイドをかい潜って飛び出したセインズベリーがフリーでヘディングシュートも、これを枠に飛ばせない。それでも、諦めないオーストラリアは41分、バイタルエリアでミリガンからフリーでパスを受けたロギッチがペナルティアーク付近でシュート。これはDFムスタフィの背中に当たるが、跳ね返りが再び足元にこぼれると、ロギッチの抑えの利いた左足ボレーシュートがGKレノの脇の下をすり抜けてゴールネットを揺らした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング