トッティが現役引退およびローマのフロント入りを表明! “ローマの象徴”として美しいキャリアに終止符

超ワールドサッカー / 2017年7月18日 4時0分

写真:Getty Images

▽元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)が17日に現役引退を表明した。そして、ローマのディレクターとして新たなキャリアをスタートすることを併せて伝えている。ローマの公式サイトが伝えている。

▽昨季限りで下部組織時代を含めて28年間を過ごしたローマを退団したトッティは、先日に代理人である兄を通じて、交渉の事実が報じられていたJリーグの東京ヴェルディに断りを入れた。そして、13日にローマ市内でジェームズ・パロッタ会長と会談を行った同選手は、現役を引退してローマのフロント入りを決断した。

▽トッティは17日、ローマの公式チャンネル『ローマTV』でのインタビューで現役を退き、フロント入りを決断した経緯について語った。

――フランチェスコ、まず何処から始めようか?
トッティ:「2017年5月28日、私のキャリア最後の日から始めたい。私にとっては歴史的な1日であり、重要な1日であり、とてもエモーショナルな1日だった。あの日の感覚や感情をファンに説明することは難しい」

――君の人生の最初の章は終わったけど、今度は新たな章が始まるね
「そうだね。プレーヤーとしての最初の章は終わった。そして、これからはディレクターとしての重要な任務が待っている。できれば、ピッチ上で見せたようなインパクトをこの仕事でも見せたいと思っている」

――プレーをすることは美しいけど、すべてには終わりがあるね
「フットボールは私にとって情熱だ。それは私にとってすべてだ。喜び、友情、ゴールを挙げること、新たな人たちとの出会い。それらは私の人生における重要なすべての役割を果たすものだった」

――5月28日の時点ではキャリアを終える準備ができていなかったようだったけど?
「イエス。それは明らかだったと思う。私はあの試合(ジェノア戦)、あの日にキャリアを終えることを望んでいなかった。私にとって、それは非常に重要で感情的なことだった。ローマと25年以上に渡って美しい関係を築いてきた。フットボールのピッチはすべてのものを与えてくれた。そして、私は多くの人たちが自分に対して示してくれた愛に応えるために、ピッチ上ですべてを捧げようとしてきた」

――これから大変なことが待っているね
「いつも真剣に取り組んできた。我々は異なる2つのものについて話している。そのうちの1つはこれまで自分にとってメインの仕事だったけど、これからは別の方法でチームを助けていくことになる。幸い、フットボールへの多くの経験を持っているし、同じ意図と目的を持ってチームを助けていきたい」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング