同僚レッキーとマッチアップの可能性もあるFW原口元気「クセというのもじっくり観ていた」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2017年8月28日 20時50分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽日本代表は28日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、この日から合流したヘルタ・ベルリンのFW原口元気が報道陣の取材に応対。チームメイトであり、同サイドで対峙する可能性があるオーストラリア代表FWマシュー・レッキーについても語った。

◆FW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
──ヘルタ・ベルリンでは途中出場が続いているが早く試合に出たいという感じか
「そうですね。逆に試合に飢えてる状況ですね。状態はいいと思います」

──帰国する飛行機が香川真司(ドルトムント/ドイツ)と同じだったそうだが、機内ではどんな話を
「全然、リラックスした話しかしてないです。でも、一緒にホテル着いて時差対策で寝られなかったので、オーストラリアの試合を観ながら色々話しました」

──どの試合を観たのか
「(コンフェデレーションズカップの)チリとドイツです」

──試合を観てオーストラリアの印象は
「前やった時よりもチームとしては力が上がっている印象ですね。よりアグレッシブになっているというか。ただ、逆に言えば、弱点も」

──オーストラリアは3バックに変更しているがイメージは
「だいぶ違いますね。でも、色々観て思うこともあります。そう簡単じゃない相手ですけどね」

──ヘルタ・ベルリンのチームメイトでもあるマシュー・レッキーとマッチアップする可能性があるが
「お互いよくわかっているので、お互いにやりにくさがあるかと思います。でも、彼の良さも分かっているのでね。クセというのもじっくり観ていました。その辺を考えてですね」

──レッキーとはどんな話をしたか
「グッドラックという感じで。前に話した時はどっちが勝つかわからないよねという話をしました」

──最終予選をここまでやって観て、結果が出た試合とそうでない試合があるが
「自分的にはボールが来るか来ないかだけですね。やってることは変わっていないので。大きなものを外したというイメージはないです。何度も走るしかないですね」

──チームとしてはどうか
「最初の試合はわからないですが、そこから先は悪いイメージはないというか、チームとしては良い入りをしていると思います。このあいだのイラクは最後にやられましたが。ある程度やれているという手応えはあります」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング