ケイン躍動のスパーズが香川先発のドルトムント撃破! 聖地ウェンブリーで今季初白星《CL》

超ワールドサッカー / 2017年9月14日 5時53分

写真:Getty Images

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節、トッテナムvsドルトムントが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-1で勝利した。ドルトムントのMF香川真司は66分までプレーし、1アシストを記録した。

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節、トッテナムvsドルトムントが13日にウェンブリー・スタジアムで行われた。

▽2連覇中の絶対王者のレアル・マドリー(スペイン)、昨季国内リーグ2位のドルトムント(ドイツ)、トッテナム(イングランド)、キプロス王者のアポエル(キプロス)という顔ぶれとなったグループH。3強1弱という三つ巴の争いとなる中、マドリーに次ぐ2位通過を目指す2チームが注目の初戦に臨んだ。

▽経験不足を露呈してグループステージ敗退となった昨季からのリベンジを目指すトッテナムは、国内リーグでここまで2勝1敗1分けと調子はいまひとつも、直近のエバートン戦ではエースFWケインの2ゴールなどで3-0の快勝を収めた。苦手意識のあるホームのウェンブリーで今季初勝利を目指すチームは、エバートン戦から先発3人を変更。オーリエがデビューを飾ったほか、3試合出場停止のデレ・アリに代わってソン・フンミン、ムサ・シッソコに代わってデンベレが復帰した。

▽一方、昨季に続いてマドリーと同グループとなった中、2年連続の首位通過を目指すドルトムントは、今季からボス新体制での戦いとなるが、直近のフライブルク戦でドローに終わったものの2勝1分けの無敗スタートとまずまずの滑り出し。今回の初戦に向けては、バルトラやシュメルツァー、ラファエウ・ゲレイロと最終ラインに負傷者が続出しており、長期離脱で登録外のロイスを含め、主力数名が欠場。この一戦では新加入のトルヤンとヤルモレンコが初先発を飾り、香川が今季初先発となった。

▽アウェイのドルトムントが果敢にハイプレスを仕掛ける立ち上がりの中、ホームのトッテナムが早い時間帯にスコアを動かす。開始4分、自陣後方からのロングボールをハーフウェイライン付近左のソン・フンミンが頭で落とし、これを拾ったエリクセン、ケインを経由したボールが左サイドのスペースに走り込むソン・フンミンに通る。ボックス左までドリブルで持ち込んだ韓国代表FWの左足シュートがニア上を破った。

▽ブンデスリーガ時代に幾度もやられた天敵ソン・フンミンのゴールで先手を許したドルトムントだが、失点前と同様に果敢なプレスと細かい繋ぎで相手を押し込むと、11分に追いつく。右サイド深くでパスを受けたヤルモレンコがボックス左の香川にボールを預けて内に入りながらマイナスのリターンパスを受けると、得意の左足で絶妙なコントロールシュートをゴール左上隅に突き刺し移籍後初ゴールを挙げた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング