他クラブからオファーの浦和MF柏木陽介が契約更新! 「浦和への愛情がまさった」

超ワールドサッカー / 2017年11月15日 11時30分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽浦和レッズは15日、日本代表MF柏木陽介(29)との契約を更新したことを発表した。

▽2010年にサンフレッチェ広島から浦和に加入した柏木は、移籍直後からスタメンに定着。2015年には約3年半ぶりの日本代表復帰を果たして、クラブでは同年にJ1リーグ・1stステージ優勝、2016年にJ1リーグ・2ndステージ優勝とYBCルヴァンカップ優勝を経験した。今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグで25試合5得点を記録。また、AFCチャンピオンズリーグでは9試合1得点5アシストをマークして、10年ぶりの決勝進出に貢献している。

▽契約を更新した柏木は、他クラブからオファーがあったことを明かしつつも「浦和レッズへの愛情がまさった」と今回の決断理由について説明している。

「今回、クラブと話をして、2018シーズン以降も浦和レッズの選手としてプレーさせていただくことになりました。一部報道にあったとおり、他クラブからオファーをいただけたことは、一選手として大変光栄でしたし、ありがたいお話でしたが、やはり自分の中で浦和レッズへの愛情がまさったというのが今回の決断にいたった理由の一つです」

「ファン・サポーターのみなさんがつくってくれる埼スタの雰囲気が好きですし、みなさんを喜ばすことができるよう、タイトルを獲るために全力をつくします。そして浦和の太陽として輝いていけるように努力し、みなさんと一緒に浦和レッズをもっと大きくしていけたらと思っていますので、今後も、ぜひ、応援のほど、よろしくお願いします」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング