左ハイキックで無所属となったエブラが格闘家に転身!?

超ワールドサッカー / 2017年11月15日 16時41分

写真:Getty Images

▽ファンへのハイキックで無所属となっている元フランス代表DFパトリス・エブラは、格闘家への転身を考えているかもしれない。

▽2日に行われたヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリアvsマルセイユの試合前に執拗な挑発行為を行ったサポーター1人に対して、左足のハイキックを見舞ったエブラ。これを受けて11日にマルセイユが双方合意の上で同選手の契約を解除したことを発表し、欧州サッカー連盟(UEFA)からも2018年6月30日までの出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分が与えられた。

▽無所属となったエブラはその3日後、自身のインスタグラム(@patrice.evra )で、格闘家のトレーニングと見間違えるような荒行を行っている様子を公開。この動画では、『Jeep』が動いている様子が映し出されているが、実はこの車を引いているのがエブラで、ワイヤーで車を固定し、一人でそのワイヤーを引いて車を動かしているのだ。

▽さらにこの車の上には人が乗っており、総重量は計り知れない。フットボールプレーヤーでは考えられないトレーニングを行うエブラは「人生ではきついと思う時があるかもしれない。それでも常に笑顔をキープしなくてはならない」とコメント。動画内でも笑顔を絶やさず、時に大笑いしながらにこのきついトレーニングに励んでいた。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング