酒井フル出場のマルセイユが3発完勝で新年のリーグ初戦を白星で飾る!《リーグ・アン》

超ワールドサッカー / 2018年1月14日 3時2分

写真:Getty Images

▽マルセイユは13日、リーグ・アン第20節でレンヌと対戦し、3-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。

▽上位追走を目指す4位マルセイユ(勝ち点38)が、9位レンヌ(勝ち点25)のホームに乗り込んだ一戦。新年最初のリーグ戦を勝利で飾りたいマルセイユは、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。

▽クープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦の再戦となった一戦は、立ち上がりこそボールポゼッションで上回るマルセイユが攻勢を見せたが、レンヌもカウンターから決定機を迎えるなど、試合は一進一退の展開となる。

▽すると27分、マルセイユはボックス右から仕掛けたトヴァンがメクセルに倒され、PKを獲得。しかし、トヴァンのPKはGKコウベクの完璧なPKストップに阻まれた。決定機を逃したマルセイユだったが35分、左クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったトヴァンがゴール前にパスを供給。これをジェルマンが右足で流し込み、先制に成功した。

▽先制点で勢いづくマルセイユは、45分にも右サイドを持ち上がったジェルマンのクロスをボックス内に走り込んだサンソンがゴール右へダイレクトシュートを突き刺し、追加点を奪った。

▽後半も一進一退の展開が続く中、マルセイユは68分にパイエを下げてアンギッサを投入。さらに75分には、ジェルマンを下げてエンジエをピッチに送り出した。すると82分、エンジエのヒールパスで左サイドに抜け出したグスタボのクロスをファーサイドのトヴァンがヘディングで流し込み、3点目を奪った。

▽リードを広げたマルセイユは、その後も危なげない試合運びで試合をクローズ。ジェルマンの1G1Aの活躍などで3発完勝のマルセイユが、2018年のリーグ初戦を白星で飾った。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング