クラブ創設50周年をJ1で! 東京Vが新体制発表、緑の血流れるFW林陵平は伝統の11番、10番は空き番に

超ワールドサッカー / 2018年1月14日 22時0分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽東京ヴェルディは14日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽昨シーズンを5位で終えクラブ史上初の昇格プレーオフ参戦も10年ぶりのJ1昇格を逃した東京V。2019年にクラブ創設50周年のメモリアルをJ1の舞台で迎えたいミゲル・アンヘル・ロティーナ監督2年目のチームは、指揮官の求める人材を各ポジションで満遍なく補強し自動での昇格を目指す。

▽GKには大分トリニータの正GK上福元直人と、ユース出身の日本体育大学GK長谷川洸。最終ラインではジェフユナイテッド千葉からDF比嘉祐介、DF若狭大志の2選手にカマタマーレ讃岐のDF李栄直が加入。中盤ではサイドバックの起用が見込まれる湘南ベルマーレMF奈良輪雄太、モンテディオ山形の司令塔MF佐藤優平、それぞれアルビレックス新潟、ザスパクサツ群馬から若きアタッカーのMF高井和馬、MF森俊介。前線にはユース出身でプロデビューを飾ったFW林陵平が水戸ホーリーホックから9年ぶりの復帰を果たした。

▽さらに、ジェフユナイテッド千葉からFW菅嶋弘希、ガンバ大阪U-23からFW郡大夢が期限付き移籍から復帰し、世代別日本代表の常連であるMF藤本寛也が東京ヴェルディユースから昇格を果たした。

▽主な背番号は、緑の血が流れる林陵平が伝統の「11」、佐藤と高井がそれぞれ前所属先と同じ「16」と「26」に。また、昨季ガンバ大阪から期限付き移籍で加入し、今季完全移籍で正式加入となったMF内田達也が昨季の「17」から、MF中後雅喜の引退で空き番となった「8」を今季から背負うことになった。同じく緑のバンディエラ、FW平本一樹が引退して空き番となった「25」は、クラブ生え抜きの若手ストライカーの郡が引き継ぐことになった。

▽その一方で、アルビレックス新潟に移籍したMF高木善朗の着用していたエースナンバー「10」は空き番となっている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.柴崎貴広
21.上福元直人☆←(大分トリニータ)※完全
31.武田博行
34.長谷川洸☆←(日本体育大学)※新加入

DF
2.若狭大志☆←(ジェフユナイテッド千葉)※完全
3.井林章
4.畠中槙之輔
5.平智広
13.比嘉祐介☆←(ジェフユナイテッド千葉)※完全
15.林昇吾※背番号変更
17.李栄直☆←(カマタマーレ讃岐)※完全
19.永田充

MF
8.内田達也※期限付きから完全
14.澤井直人
16.佐藤優平☆←(モンテディオ山形)※完全
20.井上潮音
23.田村直也
24.奈良輪雄太☆←(湘南ベルマーレ)※期限付き
26.高井和馬☆←(ザスパクサツ群馬)※完全
27.橋本英郎
29.森俊介☆←(アルビレックス新潟)※期限付き
32.二川孝広
33.渡辺皓太
35.藤本寛也☆←(東京ヴェルディユース)※昇格
38.梶川諒太

FW
7.アラン・ピニェイロ
9.ドウグラス・ヴィエイラ
11.林陵平☆←(水戸ホーリーホック)※完全
22.カルロス・マルティネス※背番号変更
25.郡大夢☆←(ガンバ大阪U-23)※期限付き移籍から復帰
28.菅嶋弘希☆←(ジェフユナイテッド千葉)※期限付き移籍から復帰

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング