元熊本MF田島翔が所属するアメリカ4部ラスベガスシティFCの経営にFirst-Mover Foundationが参入

超ワールドサッカー / 2018年2月13日 22時34分

写真:

▽一般財団法人First-Mover Foundation(本社:大阪市中央区 以下:FMF)が、2018年からアメリカ4部相当リーグのUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCの経営に参入する事を発表した。

▽ラスベガスシティFCには、かつてロアッソ熊本でもプレーしたMF田島翔(34/写真左)が所属。FMFは、今回の業務提携により、ラスベガスシティFCへの出資、日本やヨーロッパのクラブとの提携や交流を図り、主に指導者、トレーナー、栄養士、運営スタッフを対象とする国際交流プログラムを提供することとなる。

▽ラスベガスシティFCのオーナーであるラファエル・モレノ氏は「これまでは中南米のコネクションを活用し、クラブのブランディングや強化を図ってきた。First-Mover Foundationと手を組むことにより、日本はもちろんヨーロッパの名門クラブとの関係も強化していきたい」とコメントしている。

▽また、FMFの代表理事を務める大伴龍輝氏は「当財団の北米パートナーがオフィスを構えるラスベガスにて語学とスキルを養い、若者が実践で経験を積み、実力を発揮できる場がラスベガスシティFCです。欧米で求められるスキルを養い、更なるステップアップを遂げていただきたいです」と語り、プロジェクトマネージャーの宮代幸輝氏[写真右]は「ラスベガスシティFCでの経験を通して、世界に挑戦する若者が沢山出てくることを期待しています」と展望を語った。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング