今冬ミラン退団のDFパレッタが中国へ! 江蘇蘇寧加入が決定的に

超ワールドサッカー / 2018年2月14日 0時53分

写真:Getty Images

▽先月末にミランとの契約を解消した元イタリア代表DFガブリエル・パレッタ(31)が中国スーパーリーグに所属する江蘇蘇寧に加入することが決定的となった。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。

▽アルゼンチン出身のセンターバックであるパレッタは、2015年冬にパルマからミランに移籍。ミランでは公式戦47試合に出場して2ゴールを記録したが、主力としてプレーした昨季はリーグワーストタイとなる5度の退場を犯すなど荒さも目立ち、今季は構想外となってヨーロッパリーグ1試合の出場に留まっていた。

▽そのパレッタにはフェネルバフチェ、ガラタサライ、アンタルヤスポルといったトルコ勢、古巣のパルマといったクラブが獲得に興味を持っていたようだが、新天地は中国となる模様だ。

▽なお、『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えるところによれば、ファビオ・カペッロ監督率いる江蘇蘇寧加入に向けて大筋合意しているパレッタは、同クラブの外国人登録枠が空き次第、フリーで加入する見込みだという。

▽そして、パレッタに代わって放出されるのは、昨シーズン途中にインテルにレンタル移籍していたオーストラリア代表DFトレント・セインズベリーとなるようだ。

超ワールドサッカー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング