マネがハット! 3トップ揃い踏みのリバプールが敵地でポルトに5発圧勝《CL》

超ワールドサッカー / 2018年2月15日 6時45分

写真:Getty Images

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルトvsリバプールが14日に行われ、0-5でリバプールが圧勝した。

▽ベシクタシュやモナコ、ライプツィヒといった実力伯仲のクラブと同居したグループGをベシクタシュに次ぐ2位で通過したポルトは、アブバカルとダニーロの両主力が負傷により欠場となり、フェリペが出場停止のため欠場となった。

▽一方、セビージャやスパルタク・モスクワ、マリボルといった恵まれたグループEを3勝3分けの首位で通過したリバプールは、2-0と勝利した直近のサウサンプトン戦のスタメンから3選手を変更。出場停止のジャンを除いて現状のベストメンバーを送り込んだ。

▽ホームチームのポルトが自陣に[4-4-2]の3ラインを敷く慎重な入りを見せた中、リバプールがボールを持つ展開で立ち上がっていく。

▽カウンターを狙うポルトは左サイドのブラヒミのドリブルを起点に仕掛けると10分、オタビオが決定的なシュートを浴びせるも、ロブレンの身体を張ったブロックに防がれる。

▽その後もリバプールが引き続き押し込む展開とすると、25分に先制した。ワイナルドゥムがドリブルシュートを狙い、ボックス内で混戦となったところをラストパス。これをボックス左のマネがダイレクトでシュートすると、GKジョゼ・サは守備範囲だったが、セーブし損ねゴールラインを割った。

▽さらに30分、リバプールが突き放す。敵陣でインターセプトしたミルナーがコントロールシュート。これは右ポストを直撃したものの、ルーズボールを拾ったサラーがGKジョゼ・サをかわしてシュートを決めた。

▽アウェイゴール2つを獲得したリバプールは、ボールを回してポルトをいなしていく。そんな中44分、ソアレスに決定的なシュートを許すもわずかに枠を外れ、2点をリードしたまま前半を終えた。

▽後半からオタビオに代えてJ・コロナを投入したポルトが前がかったのに対し、リバプールは53分に3点目を奪い切る。ロングカウンターに転じてサラーが右サイドを持ち上がり、スルーパス。これを受けたフィルミノのシュートはGKに弾かれたが、ルーズボールをマネが押し込んだ。

▽さらに70分、マネのスルーパスをボックス左に走り込んだミルナーがクロスを送ると、フィルミノが合わせて4-0とした。余裕のリバプールはヘンダーソンに代えてマティプを5バックの一角に投入。そして85分にダメを押す。マネが強烈なミドルシュートを叩き込んだ。そのまま5-0で圧勝したリバプールがアンフィールドで行われる2ndレグを前に勝負を決定付けている。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング