「私がプレミアの監督ならば、サンチェスよりソン・フンミンを起用する」 元イングランド代表FWが韓国代表FWを絶賛

超ワールドサッカー / 2018年3月14日 2時47分

写真:Getty Images

▽かつてチェルシーやセルティックでプレーした元イングランド代表FWクリス・サットン氏が、トッテナムで躍動する韓国代表FWソン・フンミンを絶賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽直近の公式戦4試合で7ゴールを挙げるなど、今季の公式戦43試合で18ゴール9アシストと昨季以上の輝きを放っているソン・フンミン。

▽現在、サッカー界で最も過小評価されている選手の1人とも評される韓国代表FWについて、ブラックバーン時代の1997-98シーズンにプレミアリーグ得点王に輝いた経験もある名ストライカーのサットン氏は、マンチェスター・ユナイテッドで不振にあえぐチリ代表FWアレクシス・サンチェスを引き合いに出しながら、そのパフォーマンスを絶賛している。

「私がプレミアリーグの監督ならば、毎週末アレクシス・サンチェスではなくソン・フンミンを起用すると思う」

「これまで我々はトッテナムにおけるハリー・ケインの存在の大きさについて語ってきたが、彼らにとってソンはその次に重要な存在だ。彼はマウリシオ・ポチェッティーノのチームにエネルギーを与えている」

▽さらに、元イングランド代表FWは個人、チームの不調時に周囲への不満を露わにするサンチェスに対して、常に笑顔を絶やさずに周囲と良好な関係を築くソン・フンミンのパーソナルな面も高く評価している。

「彼は常に素晴らしい笑顔を浮かべながらプレーしている。それとは対照的にサンチェスは思い通りにいかないときに、その不満を露わにしている」

「とりわけ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍する前にはアーセナルの周囲に対して、多くの悪影響を及ぼしていた。しかし、ソンにはそういった騒ぎとは全く縁がない」

「ソンはあらゆる点でプロフェッショナルの見本のような存在だ。トッテナムはボーンマス戦でビハインドを背負い、ケインまでケガで失った。しかし、ソンは彼に代わるセンターフォワードとして見事なパフォーマンスを見せていた」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング