ケインが右足首外側じん帯を損傷…復帰は来月初めに

超ワールドサッカー / 2018年3月15日 2時0分

写真:Getty Images

▽トッテナムは14日、イングランド代表FWハリー・ケインが右足首外側じん帯損傷と診断されたことを発表した。

▽11日に行われたプレミアリーグ第30節のボーンマス戦に先発出場したケインは、34分に相手GKのアスミル・ベゴビッチと衝突し右足首を痛めて負傷交代した。ケインは昨年3月にも同箇所を負傷しており、1カ月ほどの離脱の可能性が現地メディアによって伝えられていた。

▽トッテナムはケインの離脱期間に関して来月初めにチームトレーニングに復帰できる見込みと伝えており、3~4週間程度の離脱になる見込みだ。

▽ケインは同日、自身の公式『ツイッター』を通じて、「来月まで離脱することに失望しているよ。でも、ケガも試合の一部だ。できるだけ早く復帰できるように全力を尽くすつもりだよ」と、早期復帰を誓った。

▽なお、トッテナムの今後の日程は、17日にFAカップ準々決勝スウォンジー・シティ戦が予定されているが、その後は代表ウィークに入るため来月1日まで試合はない。1日にはプレミアリーグ第32節のチェルシー戦が控えている。

超ワールドサッカー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング