10人のPSGがムバッペの2発でアンジェを下しリーグ戦8連勝!《リーグ・アン》

超ワールドサッカー / 2018年3月15日 3時13分

写真:Getty Images

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、リーグ・アン第31節でアンジェと対戦し、2-1で勝利した。

▽リーグ戦7連勝で首位を独走するPSG(勝ち点77)が、ホームに14位のアンジェを迎えた一戦。3日前に行われたメス戦を5-0で完勝したPSGは、その試合からスタメンを5人変更。GKアレオラ、ムニエ、ユーリ、L・ディアラ、エンクンクに代えて、GKトラップ、ダニエウ・アウベス、クルザワ、モッタ、カバーニをスタメンで起用した。

▽PSGが31日に行われるクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝戦に臨むため、前倒しでの開催となったこの一戦。試合は立ち上がりから地力に勝るPSGが押し込むと12分、中盤でボールを受けたドラクスラーがボックス右へロングパスを供給すると、これに反応したムバッペがゴールエリア右付近からワンタッチでシュートを流し込んだ。

▽幸先良く先制したPSGだが、15分にモッタがスライディングタックルでボールを奪いにきたトマを故意に踏みつけたとして、これが一発レッドカードに。数的不利となるも高いボール保持率で主導権を譲らないPSGは、25分にチアゴ・シウバのロングパスをボックス左深くで受けたクルザワの折り返しからムバッペがゴールに流し込み、追加点を奪った。

▽迎えた後半、積極的な入りを見せたアンジェに対して、PSGは58分にカバーニを下げてラビオを投入。最前線にムバッペを置き、ドラクスラーを一列前に上げた。すると64分、ドラクスラーのスルーパスでボックス左に抜け出したクルザワが折り返しを供給。これは飛び出した相手GKが弾くも、こぼれ球をディ・マリアがシュート。しかし、これはゴール前に上がっていたムバッペを直撃した。

▽追加点を逃したPSGは、一瞬の隙から失点を喫する。75分、自陣でトマが相手のパスをカットすると、中盤でロストボールを拾ったエカンビがワンタッチで右サイドに展開。これに反応したタイがワンタッチでボックス右にスルーパスを供給すると、これに反応したエカンビが飛び出したGKトラップの右脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。

▽1点を返されたPSGだが、その後は危なげなく試合をクローズ。数的不利ながらもムバッペの2ゴールで逃げ切ったPSGが、リーグ戦8連勝を飾った。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング