シティ守護神エデルソンがギネス記録更新!

超ワールドサッカー / 2018年5月13日 15時20分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンが、ギネス記録を打ち立てた。大手『ESPN』が報じている。

▽エデルソンは、昨夏にベンフィカからシティに加入。シュートストップもさることながらジョゼップ・グアルディオラ監督が重視するビルドアップ能力にも優れており、カラバオ・カップとプレミアリーグの2冠を達成する上で欠かせない選手だったことは言うまでもないだろう。

▽そんなエデルソンが、「キックの飛距離」で世界記録を更新している。トレーニング中に3度トライしたところ、これまでの「75メートル」という記録を上回り、「75.35メートル」をマーク。これは、紛れもない世界記録だ。

▽サッカーという競技において、ピッチの縦方向の長さは90~120メートルと定められている。また、ゴールキーパーがゴールキックを行うペナルティーエリアの縦方向の長さは、16.5メートルだ。ペナルティーエリアの端から相手のゴールまでの距離は73.5~103.5メートルであり、エデルソンが最大限のキック力を発揮すれば、ノーバウンドでロングシュートを放つことも可能となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング