ボルシアMG、今季ブンデスで24試合に出場したU-19フランス代表MFと2023年まで契約延長!

超ワールドサッカー / 2018年6月15日 1時15分

写真:Getty Images

▽ボルシアMGは14日、U-19フランス代表MFミカエル・キュイサンス(18)との契約を2023年まで延長したことを発表した。

▽母国フランスのナンシーユース出身のキュイサンスは、2016年にナンシーのセカンドチームに昇格すると、2017年の夏にボルシアMGへ移籍。今シーズンはブンデスリーガ24試合に出場し、2アシストを記録していた。

▽また、各年代のフランス代表に選出されてきたキュイサンスは、2017年9月にU-19フランス代表に選出されると、これまで10キャップを数え、1ゴールをマークしていた。

▽ボルシアMGのマックス・エーベルルSD(スポーツディレクター)は、キュイサンスとの契約延長について以下のように語った。

「ミカエルは今シーズンの大きな驚きのひとつだった。彼はすぐにブンデスでの戦い方に順応し、大きく飛躍したね。我々が彼の素晴らしい未来を信じており、今回のような長期的な契約を結べたことに満足しているよ」

超ワールドサッカー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング