バルサも52億円のエクトル・エレーラに関心か

超ワールドサッカー / 2018年7月9日 20時20分

写真:Getty Images

▽バルセロナがポルトに所属するメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(28)に興味を示しているようだ。ポルトガル『O Jogo』が伝えた。

▽エクトル・エレーラは、2013年にパチューカからポルトに加入。豊富な運動量で攻守に貢献でき、足下の技術とキックの多彩さも魅力のダイナモタイプのプレーヤーだ。2017-18シーズンは公式戦42試合で5ゴール7アシストを記録。ベスト16敗退に終わったロシア・ワールドカップでもメキシコ代表として全4試合で先発を飾った。

▽そのエクトル・エレーラに対しては、レアル・マドリーやナポリ、リヨン、マルセイユが関心を示しているとみられるが、新たにバルセロナも争奪戦に加わる可能性がある模様。なお、獲得に動くとなれば、バイアウト条項金4000万ユーロ(約52億円)の支払いが生じてくるという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング