アザール「マドリーのユニフォームは特別。ジダンがいてもいなくても」

超ワールドサッカー / 2018年7月10日 19時15分

写真:Getty Images

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)がジネディーヌ・ジダン氏去りしレアル・マドリーを特別視した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。

▽“憧れの存在”ジダン氏を追い、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されてきたアザール。今夏も引き続きレアル・マドリーの関心が囁かれており、報道も熱を帯びつつある。しかし、ジダン氏は2017-18シーズン限りでレアル・マドリーを退団。アザールにとって、憧れの人と共闘するチャンスを逸したことになる。

▽それでも、アザールの中でレアル・マドリーというクラブの価値は不変だという。『beIN SPORTS』に対して、移籍先として噂されるレアル・マドリーについて次のようにコメントした。

「マドリーのユニフォームは特別さ。確かにジダンがスペシャルな存在だと前に言ったけど、彼がいてもいなくてもね。でも、僕はチェルシーでうまくやっていて、未来なんて気にしていない」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング