アーセナル、サンプドリアのウルグアイ代表MFトレイラを獲得

超ワールドサッカー / 2018年7月11日 0時0分

写真:Getty Images

▽アーセナルは10日、サンプドリアのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(22)を獲得したことを発表した。移籍金や契約期間は発表されていないが、イギリス『BBC』によれば推定2600万ポンド(約38億1000万円)とのことだ。

▽トレイラは、2015年5月にペスカーラでプロデビュー後、2015年夏にサンプドリアへ移籍。サンプドリアでは公式戦74試合に出場して5ゴール5アシストを記録し、2017-18シーズンは36試合に出場して4ゴールと活躍。攻守両面でチームに貢献でき、キック精度も高い万能型MFとして評価を高めており、ウルグアイ代表としてもロシア・ワールドカップ5試合に出場していた。

▽アーセナルを新シーズンから率いるウナイ・エメリ監督は、今夏4人目の新戦力となったトレイラの獲得について次のように話している。

「彼は多くの才能を持った若いプレーヤーだ。質の高いMFで過去2シーズン、サンプドリアで良いプレーを見せ、ワールドカップでもプレーしたね。プレシーズンから彼と働けることを楽しみにしているよ」

▽なお、背番号は11に決まり、アーセナルへの合流はW杯に参加していたため、8月上旬になると報じられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング