勢い付くユーベがC・ロナウドに続きマルセロ引き抜きに動く! A・サンドロ退団した場合の後釜に

超ワールドサッカー / 2018年7月11日 13時19分

写真:Getty Images

▽ユベントスがレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)の引き抜きを画策しているようだ。イタリア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。

▽ユベントスは10日、クラブとセリエAレコードを更新する総額1億1200万ユーロ(約146億円)の移籍金でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)を4年契約で獲得。

▽そして、今夏最大のビッグディールを成立させた白い貴婦人は、さらにマドリーからもう1人のワールドクラスの獲得を目指しているようだ。

▽『メディアセット・プレミアム』が伝えるところによれば、ユベントスではパリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドらが関心を寄せるブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)に今夏の退団の可能性が出ており、クラブはその後釜としてマルセロの獲得を考慮しているようだ。

▽現在、マドリーと2022年までの契約を残すマルセロは、C・ロナウドに続きトリノに新天地を求めることになるのか…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング