横浜FM、横浜FCに先制許すもウーゴ・ヴィエイラ2発で逆転! ダービー制しラウンド16へ《天皇杯》

超ワールドサッカー / 2018年7月11日 22時0分

▽第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が11日に行われた。

▽ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜F・マリノスvs横浜FCでは、2-1で横浜FMが勝利した。

▽横浜FMは、主力を順当に起用。対する横浜FCは、FW三浦知良やMF松井大輔などをスタメンで送り出してこの一戦に臨んだ。

▽お互いになかなかシュートまで持ち込めない展開が続く、緊迫の“横浜ダービー”。試合は、折り返しを迎えた68分に横浜FCが動かす。ボックス右でボールを持ったジョン・チュングンがヒールでボックス内にパスを送ると、反応した新井がクロスを供給。齋藤の放ったシュートは一度は阻まれたものの、ボックス内にこぼれたボールを戸島が確実に押し込んだ。

▽カテゴリの違う相手に先制を許した横浜FMは、直後にウーゴ・ヴィエイラを投入。すると74分、ボックス手前左でボールを持った扇原が精度の高いクロスを左足で上げていく。中央のウーゴ・ヴィエイラが頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。

▽その後、横浜FMが猛攻をかけるものの1-1のスコアで後半を終え、勝負の行方は延長戦に。すると延長戦前半開始早々の97分、横浜FMがPKを獲得。キッカーのウーゴ・ヴィエイラが放ったシュートは一度GK辻に弾かれたものの、こぼれ球に自ら詰めて待望の逆転弾とした。

▽結局、その1点が決勝点となり試合が終了。勝利した横浜FMは、8月22日(水)にラウンド16でベガルタ仙台と対戦する。

◆第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦結果
▽7/11(水)
川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック
湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎
サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス
ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル 1- 2 モンテディオ山形
FC東京 3-1 アルビレックス新潟
横浜F・マリノス 2-1 横浜FC
ベガルタ仙台 1-0 大宮アルディージャ
鹿島アントラーズ 5-1 町田ゼルビア
浦和レッズ 2-1 松本山雅FC
関西学院大学(兵庫) 0- 1 東京ヴェルディ
セレッソ大阪 3-0 ツエーゲン金沢
清水エスパルス 0- 1 ヴァンフォーレ甲府
ジュビロ磐田 4-1 レノファ山口
北海道コンサドーレ札幌 4-0 アビスパ福岡

▽未定
サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパス
※豪雨の影響により延期

◆第98回天皇杯4回戦日程
▽8月22日(水)
川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ
サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸
モンテディオ山形 vs FC東京
横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台
北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田
ヴァンフォーレ甲府 vs セレッソ大阪
東京ヴェルディ vs 浦和レッズ
名古屋グランパスorサンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング