フランス代表は多国籍チームにあらず! メンディがSNSで絶妙な反応

超ワールドサッカー / 2018年7月18日 13時30分

写真:Getty Images

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で20年ぶり2度目の優勝を果たしたフランス。移民大国として知られる同国には様々なルーツを持つ選手がおり、今大会でもアフリカやフランス以外のヨーロッパの国々にルーツを持つ選手が目立った。

▽そのフランスの今大会の面々に関して、スポーツファンを主役にしたプラットフォーム『sporf』が各選手のルーツを明示し、その選手たちの融合が優勝に繋がった称賛する内容の趣旨の投稿を『ツイッター@Sporf』で行った。

▽だが、この投稿に対してメンディがダイレクトメッセージを使って絶妙な反応を見せた。

▽『sporf』の投稿では純粋なフランス人であるGKアルフォンス・アレオラ、DFラファエル・ヴァラン、DFバンジャマン・パヴァール、FWフロリアン・トヴァンの4選手を除く19人の優勝メンバーのルーツを紹介すると共に、「フランスのためにすべてがひとつに」とチームの一体感を称賛した。

▽しかし、メンディはこの投稿に対して、各選手のルーツを表す各国の国旗をすべてフランスの国旗に変更し、「修正しておいたよ」とコメント。前述の選手のルーツは関係なく全員がフランス人としてフランス代表のために戦ったとの主張を見せた。

▽なお、参考までにフランス代表のロシアW杯優勝メンバー19人のルーツを以下に紹介する。

◆国外にルーツを持つロシアW杯フランス代表19人

ポール・ポグバ(ギニア)
コランタン・トリッソ(トーゴ)
バンジャマン・メンディ(コートジボワール)
サミュエル・ユムティティ(カメルーン)
アディル・ラミ(モロッコ)

ナビル・フェキル(アルジェリア)
キリアン・ムバッペ(アルジェリア)
エンゴロ・カンテ(セネガル)
ジブリル・シディベ(セネガル)
トマ・レマル(ナイジェリア)

ウスマーヌ・デンベレ(セネガル)
プレスネル・キンペンベ(DRコンゴ)
ステファン・エンゾンジ(DRコンゴ)
ブレーズ・マテュイディ(DRコンゴ)
スティーブ・マンダンダ(DRコンゴ)

ウーゴ・ロリス(スペイン)
リュカ・エルナンデス(スペイン)
アントワーヌ・グリーズマン(ドイツ)
オリヴィエ・ジルー(イタリア)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング