マドリー入団ヴィニシウスが意気込み! 「ネイマールが僕のアイドル」

超ワールドサッカー / 2018年7月22日 15時10分

写真:Getty Images

▽レアル・マドリーの入団会見に登場したブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールが、新天地での意気込みを語った。スペイン『アス』が伝えている。

▽マドリーは昨年の5月に“次代のネイマール”と称されるヴィニシウスの加入内定を発表。移籍金は4500万ユーロ(現在のレートで約58億7000万円)と伝えられており、当時16歳だった同選手としては破格の契約だ。

▽そんなヴィニシウスも今年の7月に18歳となり、20日にプレゼンテーションで契約書にサイン。正式な入団を果たし、晴れてチャンピオンズリーグ3連覇チーム、“ロス・ブランコス”の一員となった。

▽新たなキャリアの1ページに、ヴィニシウスは以下のように意気込んでいる。

「ネイマールが僕のアイドルだ。僕だけでなくブラジル人みんなが彼を追いかけているよ」

「(フレン・)ロペテギ監督は何をすべきかいつも話してくれる。ディフェンスの必要に迫られた時にやり過ぎだし、ドリブルが出来なくなると言われるよ。僕はいつも得点を目指すべきなんだ」

「(チームメートの)みんなが僕の憧れだよ。ビデオ・ゲームの中でした見たことのなかった彼らと、今では一緒に練習できるんだ。言葉で表せないよ」

「目標は勝つこと。僕は勝利に憑りつかれているし、それがレアル・マドリーに来た理由だ」

「僕は左でプレーするし、右もできるよ。レアル・マドリーには残る。何試合かはレアル・マドリー・カスティージャでプレーするかどうか、まだ決めていない」

「自分のスタイルはネイマールに似ていると思う。(元ブラジル代表の)ロナウドと比べられるけど、どちらも偉大だね」

▽スペインでの生活に慣れるため、数カ月間はBチームであるレアル・マドリー・カスティージャでプレーする可能性が伝えられているヴィニシウス。適応力を発揮し、トップチームで活躍することはできるのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング