イニエスタ、Jリーグデビュー! 好機演出も神戸は湘南に3発完敗…《J1》

超ワールドサッカー / 2018年7月22日 20時0分

写真:Getty Images

▽明治安田生命J1リーグ第17節のヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレが、22日にノエビアスタジアム神戸で行われ、3-0で湘南が勝利した。

▽リーグ3連勝中の6位神戸が、2試合負けなしの14位湘南をホームに迎えた一戦。

▽神戸は、1-0で勝利したV・ファーレン長崎戦からスタメンを2名変更し、小林、三田に代えて、宮、安井を起用。注目のイニエスタはベンチからのスタートとなった。

▽対する湘南は、1-1で引き分けたサガン鳥栖戦からスタメンを3名変更。アンドレ・バイア、金子、高橋に代えて、大野、藤田征、山崎を起用した。

▽両チームともに高いテンションで入った試合、序盤から中盤でのせめぎ合いが続き、なかなかシュートシーンは生まれない。

▽それでも10分、湘南が右CKから試合を動かす。ショートコーナーから秋野がクロスを供給すると、坂がゴール前に飛び込み頭で合わせる。強烈なヘディングシュートが放たれ、神戸は早々に1点のビハインドを背負うこととなった。

▽反撃に出る神戸は、20分にクロスのこぼれ球に反応した藤田直が右足でボレーシュートを放つ。しかし、これは枠の左に外れて得点には繋がらない。

▽神戸はその後、サイドからのクロスを基軸として攻め込むが、フィニッシュまでは繋げることができず。湘南が1-0でリードして試合を折り返すこととなった。

▽後半は、両チームともに選手の交代を行わないままスタート。47分、神戸が決定機を得る。右サイドからクロスが上がると、ボックス内中央のウェリントンが湘南DFを背負いながらも右足で合わせる。しかし、シュートは左ポストに嫌われネットを揺らすには至らない。

▽すると直後の48分、湘南が鋭いカウンターを浴びせる。ボックス手前でボールを持った山崎がラストパスを供給すると、齊藤が右足でシュートを放つ。GKキム・スンギュの脇下を抜き、追加点とした。

▽巻き返しを図る神戸は59分、ついにあの男をピッチに送り込む。渡邉に代えてイニエスタが左インサイドハーフの位置で起用され、Jリーグデビューを飾った。

▽しかし67分、またしても湘南が結果を出す。ボックス手前左でボールを持った途中出場の鈴木が、中央にパスを送る。フリーとなっていた菊池が冷静に蹴り込み、チームの3点目とした。

▽反撃したい神戸は、イニエスタが中盤でボールに絡みつつ積極的にラストパスを狙っていく。しかし、味方との連携がうまく噛み合わず、なかなかシュートに繋げることができない。

▽79分には、神戸が左サイドでFKを獲得。しかし、キッカーのイニエスタが入れた山なりのクロスは味方に合わず。試合終了間際の89分に右CKの場面で放った左足でのボレーシュートも、枠を捉えることができない。

▽結局、試合は3-0のスコアで湘南が完勝を収めて終了。この結果、神戸のリーグ戦での連勝は「3」で途切れることとなった。湘南は、3試合負けなしとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング