小林悠、2戦連発! 長崎撃破の川崎Fが4連勝で首位追走《J1》

超ワールドサッカー / 2018年7月22日 21時0分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽明治安田生命J1リーグ第17節の川崎フロンターレvsV・ファーレン長崎が22日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で勝利している。

▽ここまで9勝3分け4敗で3位につける川崎F(勝ち点30)と、5勝2分け9敗で15位につける長崎(勝ち点17)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-1で勝利し、3連勝を飾った川崎Fはその試合と同様の先発メンバーを起用した。

▽一方、前節のヴィッセル神戸戦を0-1で敗れて連敗を喫した長崎は、その一戦から先発メンバーを2人変更。幸野と米田に変えて澤田とファンマを起用した。なお、今夏シドニーFCから加入したヨルディ・バイスはベンチスタートとなった。

▽首位追走へポイントロスは避けたい川崎Fと、降格圏から離れるために勝ち星を渇望する長崎の一戦。試合は長崎が川崎Fにボール保持を許す中、13分に島田のクロスを鈴木がヘディングで合わせる。しかし、相手DFに阻まれた。

▽対する川崎Fは直後に反撃。14分、縦パスを受けた小林の落としをボックス内で阿部がシュート。これはGK徳重にセーブされる。さらにその1分後、ボックス右でボールを持った小林が鋭い切り返しからグラウンダーのクロスを供給。中央の谷口が合わせたがシュートはわずかにゴール左へと外れた。

▽その後、川崎Fに中村憲剛の直接FKでゴールを脅かされた長崎は21分にチャンスを迎える。敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの島田がクロスを選択。中央のファンマが頭で合わせるもわずかにゴール上へと外れた。

▽前半終盤に差し掛かると、川崎Fが短くパスをつないでリズムを作り始めるが、長崎も引き気味のディフェンスで対応。最後のところで相手にやらせず、ゴールレスで試合を折り返した。

▽後半に入ると、先制点が欲しい川崎Fは48分にエウシーニョ、52分にはボックス右に抜け出した中村憲剛が鋭いシュートを放つもゴールネットを揺らすには至らない。対する長崎は54分、カウンターから右サイドを突破した飯尾がファーサイドにクロス。フリーになった翁長がダイレクトで左足を合わせるるが、シュートはわずかにゴール左外へと外れた。

▽後半立ち上がりが経過すると、川崎Fは勢いがやや停滞。これを機に長崎は58分、ファンマのパスを受けた鈴木がヒールで澤田へ。これを受けた澤田がボックス右からシュートを放つもGKチョン・ソンリョンにキャッチされる。

▽嫌な流れが漂い始めた川崎F。しかし、主将の2試合連発でホームチームが先制に成功する。67分、中盤でパスを受けた阿部が粘ると、こぼれ球に反応した中村憲剛が前線へスルーパス。これにいち早く抜け出した小林がGKと一対一を迎えると、右足でのシュートは弾かれたものの、足元に転がってきたこぼれ球を左足ダイレクトで合わせゴール左上へ豪快に突き刺した。

▽待望の先制点を奪った川崎Fは74分には中村憲剛の右CKに谷口が頭で合わせるもわずかに枠の上。対する長崎は反撃に出ようとボックス付近まで迫るも、シュートまで結びつけることができずそのまま試合終了。

▽1-0で勝利した川崎Fが4連勝を飾った。さらに首位のサンフレッチェ広島が名古屋グランパス戦で引き分けたため、勝ち点差が「10」から「8」に縮まった。一方の長崎は3連敗を喫している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング