マドリー、昨季20アシストのポルト所属ブラジル人左SBと交渉を開始

超ワールドサッカー / 2018年7月24日 13時2分

写真:Getty Images

▽レアル・マドリーが、ポルトのブラジル人DFアレックス・テレス(25)獲得の交渉を始めたようだ。スペイン『マルカ』がポルトガル『レコルド』をもとに伝えている。

▽2014年に母国のグレミオからガラタサライに移籍した左サイドバックを主戦場とするテレスは、その翌シーズンにインテルへ買い取りオプション付きの1年間のレンタルで加入。その後、インテルが買い取りオプションを行使しなかったことで、2016年にポルトに完全移籍した。

▽そのポルトでは加入1年目からレギュラーポジションを掴むと、今季は公式戦45試合の出場で4ゴール20アシストという圧巻のパフォーマンスを披露し、ポルトのリーグ制覇の立役者の1人となった。

▽記事によれば、マドリーはすでにポルト側と交渉を始めているようで、契約解除金の4000万ユーロ(約52億円)からどれだけ値切れるかが交渉のポイントとなるようだ。なお、テレスにはユベントスやパリ・サンジェルマンも注目しているという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング