リバプール、今夏退団の可能性がある7選手

超ワールドサッカー / 2018年7月24日 19時33分

写真:Getty Images

▽リバプールが、今夏の移籍市場で7選手の売却を検討しているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

▽売却候補に挙がっているのは、ベルギー代表FWディヴォク・オリジ(23)、イングランド人FWダニー・イングス(25)、セルビア代表MFマルコ・グルイッチ(22)、イングランド人FWセイ・オジョ(21)、セルビア代表FWラザール・マルコビッチ(24)、ベルギー代表GKシモン・ミニョレ(30)、スペイン人MFペドロ・チリベジャ(21)の7選手。

▽バレンシアから関心が伝えられているオリジは、2014年夏にリールから加入。リバプールでは公式戦77試合に出場しているが、昨シーズンはヴォルフスブルクにレンタル移籍していた。クラブは同選手に2700万ポンド(約39億円)の値札を貼っている。

▽イングスは今夏のプレシーズンツアーに参加しておらず、売却候補の1人に数えられている。昨シーズン、リーグ戦8試合の出場にとどまった同選手はレギュラーでの活躍を望んでおり、退団が濃厚だ。サウサンプトンやクリスタル・パレス、レスター・シティ、ニューカッスルが獲得に興味を持っているようだが、リバプールが要求する2000万ポンド(約29億円)の移籍金がネックとなりそう。

▽グルイッチにはラツィオが関心。こちらに関してもリバプールは2000万ポンドを要求しているとみられている。しかし、同クラブは契約延長も考慮しており、その場合、カーディフにレンタル移籍させる意向だ。

▽昨季はフルアムで過ごしたオジョには1500万ポンド(約22億円)を要求。レンタル移籍もやぶさかではないようだ。また、マルコビッチには700万ポンド(約10億円)の値が付けられ、今年1月にレンタルで加入したアンデルレヒトに加え、レガネスやヘタフェも関心を示している模様。

▽今夏、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーを始め、ブラジル人MFファビーニョ、ギニア代表MFナビ・ケイタ、スイス代表NFジェルダン・シャキリら大型補強が目立つリバプールだが、今度は人員整理に忙しくなりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング