【会見1】森保一監督、東京五輪への「良いシミュレーションになる」…目標や初招集選手についても語る《アジア競技大会》

超ワールドサッカー / 2018年8月3日 16時45分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、インドネシアのジャカルタで開幕する第18回アジア競技大会に臨むU-21同国代表メンバー20名を発表した。

▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピック世代であり、今大会での活躍に期待が集まる。

▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、今大会が環境的にも東京オリンピックに向けて「良いシミュレーションになる」と見据え、「ベスト4以上」を具体的な目標として挙げた。また、初招集となったセレッソ大阪MF舩木翔、FC東京DF岡崎慎の招集理由についても明かしている。

◆森保一監督(U-21日本代表)
「本来であれば今回のメンバー発表で、男子も女子も出場するので、一緒に会見ができれば良かったんですけど、女子は(2018 Tournament of Nationsに参戦中で)今日本にいませんので、このような形になります。このアジア大会で男子、女子共に良い結果を出して応援してくれる方が喜んでくれるようにベストを尽くしていきたいと思います」

──東京オリンピックまであと2年というタイミングで良いシミュレーションになると思うが、今大会の狙いは
「今大会は暑い中で行われ、日程的にもかなりハードな日程になっている部分では、東京オリンピックに向けても良いシミュレーションになると思います。選手にとっても良い経験ができると思っています」

「目標としては1試合でも多く戦うこと、1試合1試合の結果にこだわってやるということをこれまで通り選手に要求しながらやっていきたいです」

──Jリーグ期間中で選手選考も悩まれたと思うが、どういう基準でメンバーを選んだか。また、具体的な目標はあるか
「まずこのアジア大会だけでなく、東京オリンピック世代の活動では毎回様々な条件があり、その中で選手を選んでいくということでやっています。今回の条件の中では、ベストで今後につながるメンバーを選考をしてきました。視察も多くさせて頂いてますし、その中で良いパフォーマンスをしている選手を中心にメンバー選考をしました」

「これまでの選考については、その時のベストということに間違いはありません。ただ、将来や本大会を見据えたラージグループと捉えて、各大会ごとにメンバーを大幅に変えながら、多くの選手に経験を積んでもらう。そうすることで全体の底上げをしながら東京オリンピックに一番強いチームを作れるようにということを考えて活動しています」

「目標については1試合でも多く戦うということで頂点に立つことをもちろん目標にしています。ただ、常々考えていることはアジアの大会では、ベスト4以上には入りたいと思っています。それは、今回の東京オリンピックでは予選が免除されて本大会に臨むことができますが、世界の大会に参戦することを考えると、育成年代の部分、ワールドカップの部分も含めてベスト4以上が世界につながっていくと捉えているからです」

──今回MF舩木翔(セレッソ大阪)とDF岡崎慎(FC東京)が初選出されたが、彼らをどう評価したか
「まず舩木については、東京オリンピックを目指したチームが立ち上がった時から、U-20ワールドカップを経験した選手をどこかで見たいという思いありました。その中で、タイミングや状態を見て、今はトップチームの方で出場機会がなかなかないですけど、J3のU-23チームでは継続してプレーできているので、今大会には来てもらうことにしました」

「岡崎については、FC東京でJ1でも出ていますし、確固たるレギュラーではありませんが、そういう試合でのプレーを観て、一度招集させてもらい、実力を見てみたいと思って招集しました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング