オーストラリア代表DFセインズベリーが江蘇蘇寧を退団

超ワールドサッカー / 2018年8月5日 11時25分

写真:Getty Images

▽オーストラリア代表DFトレント・セインズベリー(26)が、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧を退団した。自身のツイッター(@Tsainsbury92)で明かした。

▽セインズベリーは、母国のセントラルコースト・マリナーズやオランダのズヴォレでプレーし、2016年1月に江蘇蘇寧へ加入。その後は、インテルやグラスホッパーへのレンタル移籍を経験し、江蘇蘇寧に復帰していた。

▽中国スーパーリーグでは34試合に出場し2ゴール2アシストを記録したセインズベリーだが、チームの外国人枠の問題もあり、今季はリザーブチーム登録に変更となっていた。

▽オーストラリア代表としても38キャップを記録し、ロシア・ワールドカップでも3試合に出場していたセインズベリー。自身のツイッターでメッセージを綴り、チームへの感謝の気持ちを述べている。

「江蘇蘇寧での僕の時間は終わりました。でも、僕と一緒に多くの素晴らしい思い出がないわけではありません」

「僕のチームメイトへ。僕はより良い若いグループから離れることを望むことはできなかった」

「全てのホームゲームに集まる4万人のファンへ。サポートをありがとう」

「僕が関係していないところにあったクラブでは、多くの浮き沈みがあった。でも、僕は常に新しい冒険を求めます。眼を見張るような経験があるので、新たなところに向かうという自分の決断は決して後悔していません」

「改めてありがとう。僕はクラブ、ファン、そして選手たちの将来が将来幸せになることを願っています」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング