レーティング: チェルシー 0-2 マンチェスター・シティ《コミュニティ・シールド》

超ワールドサッカー / 2018年8月6日 1時3分

写真:Getty Images

▽コミュニティ・シールド2018のチェルシーvsマンチェスター・シティが5日に行われ、0-2でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽チェルシー採点

(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 カバジェロ 5.5
2失点も防げるシュートは止めていた

DF
28 アスピリクエタ 5.5
自身のサイドを破られることはなかった

2 リュディガー 5.5
1失点目の場面では寄せが甘かったが、全体的には安定していた

30 D・ルイス 5.5
2失点目の場面ではアグエロに裏を取られるも、ソリッドに対応していた

3 マルコス・アロンソ 5.5
攻守に無難な出来

MF
4 セスク 5.0
ジョルジーニョとショートパスでゲームを組み立てにかかるも効果は薄かった

(→ドリンクウォーター 5.0)
特別流れを変えるようなプレーはなかった

5 ジョルジーニョ 5.5
前半はボールロストがあったが、全体的には無難にパスを捌いていた

8 バークリー 5.0
効果的なプレーは少なかった

FW
11 ペドロ 5.5
ボールには絡んでいたが、恐さはなかった

(→モーゼス -)

29 モラタ 5.0
ボールが収まらなかった。シュート0

(→エイブラハム 5.0)
仕掛けのプレーは出せなかった

20 ハドソン=オドイ 6.0
キレのあるドリブルでチェルシーの唯一の攻め手となっていた

監督
サッリ 5.0
まだまだ自身の戦術が浸透していない様子

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブラーボ 5.5
難しいシュートは飛んでこなかった

DF
2 ウォーカー 6.0
対面のハドソン=オドイに苦戦も決定的な仕事は許さず

5 ストーンズ 6.5
要所を締めた守備を続けた

(→C・ゴメス -)

14 ラポルテ 6.0
正確な球出しで存在感

22 メンディ 6.0
推進力あるオーバーラップでアクセントを付ける

MF
47 フォーデン 6.5
バイタルエリアでボールを受けてアクセントに。ドリブルの仕掛け、パスを出すタイミングも良かった

(→ディアス 6.0)
積極的にゴール前へ顔を出した

25 フェルナンジーニョ 6.0
攻守のバランスを取った

20 ベルナルド・シウバ 6.5
フォーデンと共にドリブルとパスでアクセントを付ける

FW
26 マフレズ 5.5
前半は右ウイングで、後半は左ウイングでプレー。ややプレー精度を欠いたが、積極的に仕掛けた

(→ガブリエウ・ジェズス 5.5)
徐々にキレのある動きを増やしていった印象

10 アグエロ 7.0
1つ決定機を逸したが、さすがの決定力で2ゴール

(→コンパニ -)

19 ザネ 5.0
ほとんどボールに触れなかった

(→ギュンドアン 6.0)
後半から入り、2点目を演出

監督
グアルディオラ 6.5
ICCでは若手主体で結果が出なかったが、シーズン開幕前に快勝し弾みを付けた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
アグエロ(マンチェスター・シティ)
▽フォーデンとベルナルド・シウバも好パフォーマンスを発揮していたが、やはり2ゴールを挙げてチームを勝利に導いたアグエロを選出。

チェルシー 0-2 マンチェスター・シティ
【マンチェスター・シティ】
アグエロ(前13)
アグエロ(後13)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング