シティのヴァイグル獲り再燃! ストーンズのコンバート案も浮上

超ワールドサッカー / 2018年8月6日 15時18分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・シティが今夏の移籍市場閉幕までにドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(23)の獲得に再挑戦するようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。

▽今夏、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの獲得に成功したシティだが、同選手以外で主力クラスの補強は行っていない。移籍市場が開く前にジョゼップ・グアルディオラ監督はブラジル代表MFフェルナンジーニョのバックアッパーが補強ポイントになると語っていたものの、シャフタールのブラジル代表MFフレッジ、ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョをそれぞれマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーに引き抜かれたことで同ポジションの補強は進んでいない。

▽グアルディオラ監督は、5日に行われたチェルシーとのコミュニティー・シールド2018を2-0で勝利した後、公式会見に出席するとこの場で守備的MFの獲得に動いていることを認めている。

「我々は(新戦力獲得のため)努力している。我々にはフェルナンジーニョの代わりを務めるプレーヤーが2人もいないため、少なくとも1人を見つけたいと思っている。ただ、そのポジションのプレーヤーが来なければ、新たに加入するプレーヤーはいない」

▽なお『タイムズ』が伝えるところによれば、グアルディオラ監督が獲得を希望している選手が前述のヴァイグルだという。ドルトムントではヴァイグルと同ポジションのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの加入が迫っており、適切なオファーが届けば同選手の放出に踏み切る可能性が高い。

▽だた、ヴァイグルに関してはドルトムント時代に同選手を指導したトーマス・トゥヘル監督が率いるパリ・サンジェルマンも獲得に動いており、プレミアリーグの移籍市場が閉幕する9日までにシティが獲得を決められるかは微妙なところだ。

▽その一方でグアルディオラ監督は、守備的MFの獲得に失敗した場合に備えてイングランド代表DFジョン・ストーンズのコンバートを構想に入れているようだ。実際、チェルシーとのコミュニティー・シールドでは試合終盤の15分ほど同選手を守備的MFでプレーさせている。さらに、ストーンズのコンバートの可能性に関しても以下のように言及している。

「今日の試合の残り15分ほどで彼が守備的MFでプレーする姿を見れたことは良かった。おそらく、ジョンはあのポジションでプレー可能だ。今後どうなるかを見守ろうじゃないか」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング