ダビド・シルバが2年後の引退示唆? 「精神的、肉体的にどれだけ頑張れるか」

超ワールドサッカー / 2018年8月25日 12時15分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバが、先日の感動的な出来事を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューをイギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽19日に行われたハダースフィールド戦で、ダビド・シルバは先発出場して自身の通算リーグ戦出場数を250試合とした。そのメモリアルゲームのキックオフ前には、未熟児として昨年12月に誕生したマテオ君を抱いて登場。ダビド・シルバはこれまで度々“個人的な理由”でチームを離脱しており、多くを語らないながらもマテオ君誕生までに様々な苦労があったことは、ファンにとって暗黙の事実となっている。

▽そのため、スタジアムはただでさえ感動的な空気に包まれており、48分に息子の前で直接FKを決めた際には大きな歓声に包まれた。『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたダビド・シルバは、その試合を振り返り以下のように語っている。

「とても特別だった。僕の人生で最高の瞬間だったよ」

「あれが起こった時、全てが上手くいくようにとだけ考えていたよ。あのスタジアムでいつかあの子を抱えられればと願っていた。最終的にそうなったね」

「僕に起こったことは全て、彼(グアルディオラ監督)が僕に多くの自由を与えてくれたおかげだ。彼にはいつも感謝しているよ」

「僕のここでの契約はあと2年間だ。この場所を素晴らしいと感じている」

「契約の終わりまでここに留まりたい。それから、精神的、肉体的にどれだけ頑張れるか、みていかないとね」

▽また、『デイリー・メール』は上記の発言を受けて、ダビド・シルバが34歳になる2年後のシティとの契約満了時に現役引退を考えているのではないかと指摘。父親となった大スターのプレーが見られるのも、あと数年なのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング