イビサで元イタリア代表FWによる“パリピ2トップ”実現?

超ワールドサッカー / 2018年8月29日 17時16分

写真:Getty Images

▽セグンダB(スペイン3部)に所属するUDイビサが元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(36)の獲得と元ミラン副会長のアドリアーノ・ガッリアーニ氏の招へいを画策しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。

▽2013年から2015年までバレンシアで会長を務めた経歴を持つアマデオ・サルボ氏がクラブ運営に携わるイビサは、今月27日に元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロ(36)の加入を発表した。

▽しかし、更なる野望を抱くクラブは、ヴェローナ退団以降、ほぼ2年間実戦から遠ざかっているとはいえ、ローマやミラン、インテル、レアル・マドリーといった名門を渡り歩いてきたカッサーノの獲得を目指しているようだ。

▽また、同クラブは長らくミランで副会長、CEOとしてクラブの運営に携わり、現在はイタリア国内で政治家として活動するガッリアーニ氏を名誉会長として招へいすることも画策しているようだ。

▽なお、ボッリエッロとカッサーノはこれまで多くの有名人と浮き名を流し“パリピ”としても知られており、ヨーロッパ屈指のリゾート地であるイビサ島で元イタリア代表FWによる“パリピ2トップ”を形成することになるのか…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング