被災のチリ代表MFビダル「今までにない恐い経験」

超ワールドサッカー / 2018年9月7日 8時35分

写真:Getty Images

▽バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが無事を報告した。『ESPN』が報じた。

▽チリ代表に合流中のビダル。だが、滞在先である北海道の札幌にて、6日真夜中に発生した最大震度7の地震に見舞われ、7日に開催予定だった日本代表との国際親善試合も中止が決定している。

▽その被災地では、今もなおライフラインが断絶している地域も多く、都市機能が麻痺状態。被災者の1人であるビダルは、北海道胆振東部地震後、次のようにコメントした。

「日本で何が起こったのかはわからない。昨夜、地震を感じた。でも、終わったことだ。少し退屈だけど、僕らは大丈夫だよ」

「重要なのは、全員が無事で何も被害がなかったこと。今までにない恐い経験だった。今は明日を待つ。次に向かう予定の場所に移動できたらいいね」

▽チリ代表は今後、韓国に向かい、11日に行われる国際親善試合で韓国代表と対戦する予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング