エジル、マドリー加入当初を回想「ジダンに会えて手汗をかいた」

超ワールドサッカー / 2018年9月7日 13時40分

写真:Getty Images

▽アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、レアル・マドリー入団直後の思い出を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽シャルケでプロデビューを飾ったエジルは、ブレーメンを経て2010年に南アフリカ・ワールドカップでの活躍が実を結びマドリーに入団。アーセナルに移籍する2013年まで、背番号10を背負い公式戦159試合で27ゴール81アシストをマークした。

▽マドリー加入当初のエピソードを振り返るエジルは、当時クラブ・アドバイザーを務めていたジネディーヌ・ジダン前監督との出会いを回想している。

「本当に緊張していた」

「レアル・マドリーでのプレーを本当に夢見ていたんだ。僕のアイドル、ジネディーヌ・ジダンがプレーしていたからね」

「モウリーニョやチームメートとの初日、もちろん新人はドレッシングルームで少し物静かにしていた。でもジダンと会った時は特に緊張したよ。僕にとって最大の瞬間だった」

「色々なことが頭に浮かんで、若い頃に友達と一緒に居て、彼のシャツを買って、ピッチ上で彼みたいにプレーしていた頃のことを考えていたよ」

「手汗をかいたけど、彼が本当にリラックスしていて、僕は彼との出合いを楽しんだよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング