ペップ、代表監督への興味を認める

超ワールドサッカー / 2018年9月14日 13時30分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、将来的に代表チームの監督を務めるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽現役時代にプレーしたバルセロナで監督デビューを飾り、2008年から2012年の間に14個のタイトルをもたらしたグアルディオラ監督。その後、バイエルンで7個のタイトルを獲得すると、2016年から指揮するシティでは昨シーズンにプレミアリーグ史上初の勝ち点「100」到達での優勝を成し遂げた。

▽当代最高の指揮官として名を馳せているグアルディオラ監督が、代表チームでの采配に意欲を示している。大手『Movistar+』の、元レアル・マドリー幹部ホルヘ・バルダーノ氏との対談の中で語った。

「もし機会があれば代表チームを指揮してみたい。確かにそうだ。求められればだけどね」

▽また、バルダーノ氏の故郷であるアルゼンチン代表での指揮を勧められると、ジョークを交えて否定した。

「アルゼンチン? いや、遠慮するよ! 」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング