2強とのギャップ埋まらず…リーガ20クラブのサラリーキャップが発表!

超ワールドサッカー / 2018年9月14日 16時0分

写真:Getty Images

▽ラ・リーガが、2018-19シーズンのリーガエスパニョーラにおける各クラブのサラリーキャップを発表した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽2013年初めに決定され、2014-15シーズンからスペインの1部、2部クラブを対象に実施されているサラリーキャップ制度。予算を、年間収入からスポーツ面以外の費用(スタジアム維持費、社会保障費など)を差し引いた額に制限するものだ。各クラブは、契約年数によって減価償却されていく移籍金や、選手の年俸をこの予算内に収めなければならない。一般的には、この額は年間収入の60~70%となることが理解されている。

▽2018-19シーズンにおけるサラリーキャップで、トップに輝いたのはバルセロナ。2位のレアル・マドリーに約6000万ユーロ(約79億万円)の差をつけている。とはいえ、マドリーと3位のアトレティコ・マドリーの間には3億ユーロ(約393億円)近いギャップがあり、やはりスペイン2大クラブの規模は他の追随を許さないようだ。
◆2018-19リーガエスパニョーラ サラリーキャップ
1. バルセロナ
6億3300万€(約828億2000万円)
2. レアル・マドリー
5億6700万€(約741億9000万円)
3. アトレティコ・マドリー
2億9300万€(約383億4000万円)
4. バレンシア
1億6500万€(約215億9000万円)
5. セビージャ
1億6300万€(約213億3000万円)

6. ビジャレアル
1億900万€(約142億6000万円)
7. ベティス
9700万€(約126億9000万円)
8. アスレティック・ビルバオ
8800万€(約115億3000万円)
9. レアル・ソシエダ
8100万€(約106億1000万円)
10. エスパニョール
5700万€(約74億6000万円)

11. レガネス
5300万€(約69億3000万円)
12. レバンテ
5200万€(約68億円)
13. セルタ
5100万€(約66億7000万円)
14. エイバル
4100万€(約53億6000万円)
15. ヘタフェ
3925万€(約51億6000万円)

16. アラベス
3919万€(約51億3000万円)
17. ジローナ
3700万€(約48億4000万円)
18. バジェカーノ
3300万€(約43億2000万円)
19. ウエスカ
2900万€(約38億円)
20. バジャドリード
2400万€(約31億4000万円)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング