マドリー、ユナイテッドのヴァラン獲得メガオファーを断っていた?!

超ワールドサッカー / 2018年9月15日 16時50分

写真:Getty Images

▽レアル・マドリーが、フランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)に対するマンチェスター・ユナイテッドからの巨額オファーを拒否していたようだ。スペイン『アス』が、イギリス『エクスプレス』の情報を基に伝えた。

▽ヴァランは、フランス代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)の全試合に出場し、ディフェンスリーダーとして優勝に大きく貢献。タイトル獲得数は、25歳にして既にチャンピオンズリーグ(CL)4回を含む16回となった。

▽2011年夏の加入当初からマドリーの未来のリーダーと称され、現在では世界最高のディフェンダーの1人にまで成長を遂げたヴァラン。マドリーとの契約を2022年夏まで残しているが、今夏にはユナイテッドからの関心が報じられていた。

▽守備の陣容に不満を覚えているジョゼ・モウリーニョ監督が、補強に第一候補に据えているとも、各紙は取り沙汰。しかし、結局移籍することはなく、今シーズンも既にマドリーでの公式戦3試合に出場し、勝利に貢献している。

▽しかし、『エクスプレス』によると、ユナイテッドが今夏に1億2200万ユーロ(約159億円)のオファーを提示していたという。それに対して、マドリーは当初から否定的な反応を示し、交渉は始められなかったようだ。

▽また、ヴァラン獲得に失敗したユナイテッドは、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンにも手を伸ばしたそうだが、そちらも同様の結果に終わったことが伝えられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング