元イングランド代表GKがリバプール・レディースの暫定指揮官に就任! 古巣で監督初挑戦

超ワールドサッカー / 2018年9月15日 17時32分

写真:Getty Images

▽リバプールは14日、レディースチームを率いるニール・レッドファーン監督(53)の解任およびGKコーチを務めていたクリス・カークランド氏(37)の暫定指揮官就任を発表した。

▽イギリス『リバプール・エコー』によると、リバプール・レディースが所属するイングランドトップディビジョンのFA女子スーパーリーグは先日に開幕したばかりだったが、レッドファーン監督が一身上の都合を理由に電撃辞任したという。

▽そして、暫定指揮官に指名されたのが、今季からリバプール・レディースでGKコーチを務めるカークランド氏。コヴェントリーでプロキャリアをスタートしたカークランド氏は、2001年から2006年までリバプールに在籍。また、ウィガン時代の2006年にはイングランド代表にも選出され、ギリシャ代表との国際親善試合で代表デビューも飾っていた。

▽その後、シェフィールド・ウェンズデイ、プレストンを経て2016年にバリーで現役を引退。また、2017年にはポート・ヴェイルでGKコーチを務めた経験はあるものの、監督として指導するのは今回のリバプール・レディースが初となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング