マルセイユ、ユベントスのバロテッリ2世に興味

超ワールドサッカー / 2018年9月19日 15時56分

写真:Getty Images

▽マルセイユが、ユベントスに所属するイタリア人FWモイゼ・ケアン(18)の獲得に動くようだ。フランス『Le10 Sport』が伝えている。

▽ユベントス下部組織出身のケアンは2016年に16歳という若さでプロデビュー。優れたテクニックと強烈なシュートを武器に“バロテッリ2世”と注目を集めたが、厚い選手層の前に出場機会は3試合に留まった。2017年にレンタル移籍でヴェローナに加入し、リーグ戦19試合で4得点を記録。今シーズンからユベントスに復帰したが、未だ出場機会は得られていない。

▽記事によると、19日のチャンピオンズリーグのバレンシア戦での出場が見込まれているケアンに対し、マルセイユは冬の移籍での獲得を希望している模様。また、ウディネーゼやフロジノーネ、ボローニャなどのイタリア国内クラブも獲得に興味を示しているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング