マンチェスターに戻るデパイがユナイテッド時代を回想

超ワールドサッカー / 2018年9月19日 20時45分

写真:Getty Images

▽リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイが、古巣のマンチェスター・ユナイテッドでのシーズンを振り返った。イギリス『BBC』が報じた。

▽かつてユナイテッドでプレーしていたデパイは、チャンピオンズリーグのグループステージで古巣のライバルであるマンチェスター・シティと対戦する。

▽2015年6月、PSVから3100万ポンド(約45億7200万円)でユナイテッドに加入。公式戦53試合に出場し7ゴールを記録していた。

▽しかし、期待されたパフォーマンスを残すことができず、2017年1月にリヨンへと完全移籍。すると、リヨン移籍後は公式戦74試合で28ゴールを記録し、輝きをとりもどしている。

▽古巣との対戦ではないものの、久々にマンチェスターに戻るデパイは、マンチェスターで過ごした日々を振り返り、最適ではなかったと語った。

「誰もが僕とマンチェスター・ユナイテッドが成功しなかった話を知っている」

「誰もがそれを見ていたし、僕も自分で感じることができた。僕は振り返り、そのようになることは望んでいなかった。でも、それは起こったんだ」

「1シーズンが経ち、僕はチームの中で自分で見つけることができなかった。まだ若かったし、チャンスを多く得られなかったけど、僕はクオリティが議論の対象にならなかったんだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング