ジェラード初陣は白熱ドロー! 強豪が順当勝利にサムライ3人が出場《EL》

超ワールドサッカー / 2018年9月21日 6時34分

写真:Getty Images

▽ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節が20日に行われた。

▽前日まで行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではマンチェスター・シティがホームでリヨンに敗れるなど少なからず波乱が起きたものの、今回のELでは強豪チームが順当に勝利を収めた。

▽優勝候補筆頭のチェルシーとアーセナルのロンドン勢では、PAOKとのアウェイゲームに臨んだチェルシーがウィリアンのゴールを守り切って1-0の勝利。一方、初出場のヴォルスクラをホームで迎え撃ったアーセナルは試合終盤に2失点を喫したものの、オーバメヤンの2ゴールの活躍などで4-2の快勝を収めた。

▽その他の強豪チームではルクセンブルク王者デュドランジェのホームに乗り込んだミランが引いた相手に苦戦を強いられながらも新エースFWイグアインのゴールを移籍後初出場のGKレイナを中心に守り切って1-0の勝利を収めた。また、ラツィオやレバークーゼン、セビージャ、ベシクタシュなどの強豪もきっちり勝利でスタートした。

▽また、ジェラード監督のEL初采配に注目が集まったレンジャーズとビジャレアルの一戦は2-2のドローに終わった。開始40秒過ぎにバッカの見事なミドルシュートで先制を許したレンジャーズだが、後半半ばにアルフィールドのゴールで追いつく。その同点ゴールの直後に再び勝ち越されたものの、76分にラファーティが決めた同点ゴールによって試合は2-2のドローに。ジェラード監督は敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰っている。

▽5選手が参戦している日本人選手ではフランクフルトMF長谷部誠が唯一のフル出場を飾ったほか、ザルツブルクFW南野拓実、ベティスMF乾貴士が途中出場した。一方、マルセイユDF酒井宏樹、アンデルレヒトMF森岡亮太は出場機会がなかった。

▽酒井と長谷部による日本人対決に注目が集まった昨季ELファイナリストと昨季DFBポカール王者の一戦はフランクフルトに1人退場者が出たものの、試合終盤のゴールによってフランクフルトが劇的な逆転勝利を掴んだ。

▽また、レッドブルを親会社に持つRBライプツィヒとの姉妹クラブ対決に臨んだ南野は、後半途中にピッチに立ち大きな見せ場はなかったものの3-2の勝利に貢献。オリンピアコスとのアウェイゲームに臨んだ乾は相手が退場した試合終盤に投入されたが、引いた相手をこじ開けられず、敵地での初戦を0-0のドローで終えている。ELグループステージ第1節の結果一覧は以下の通り。【グループA】
ルドゴレツ 2-3 レバークーゼン
ラルナカ 0-1 チューリッヒ

【グループB】
セルティック 1-0 ローゼンボリ
ライプツィヒ 2-3 ザルツブルク

【グループC】
コペンハーゲン 1-1 ゼニト
スラビア・プラハ 1-0 ボルドー

【グループD】
ディナモ・ザグレブ 4-1 フェネルバフチェ
トルナヴァ 1-0 アンデルレヒト

【グループE】
アーセナル 4-2 ヴォルスクラ
スポルティング・リスボン 2-0 カラバフ

【グループF】
デュドランジュ 0-1 ミラン
オリンピアコス 0-0 ベティス

【グループG】
ビジャレアル 2-2 レンジャーズ
ラピド・ウィーン 2-0 スパルタク・モスクワ

【グループH】
マルセイユ 1-2 フランクフルト
ラツィオ 2-1 アポロン・リマソル

【グループI】
ベシクタシュ 3-1 サルプスボリ
ヘンク 2-0 マルメ

【グループJ】
セビージャ 5-1 スタンダール・リエージュ
アクヒサル 0-1 FCクラスノダール

【グループK】
レンヌ 2-1 ヤブロネツ
ディナモ・キエフ 2-2 アスタナ

【グループL】
PAOK 0-1 チェルシー
ヴィディ 0-2 BATEボリソフ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング