盛岡、DF嫁阪翔太の左足前距腓靭帯および踵腓靭帯損傷を発表…全治1カ月

超ワールドサッカー / 2018年9月21日 18時10分

▽グルージャ盛岡は21日、DF嫁阪翔太が左足前距腓靭帯および踵腓靭帯損傷と診断され、全治1カ月と見込まれていることを発表した。

▽嫁阪は、今週のトレーニング中に負傷。盛岡市内の病院で検査した結果、今回の負傷が判明した。

▽G大阪ユース出身の嫁阪は2015年に昇格したもののトップチームでの出番はなく、G大阪U-23で経験を積み、今シーズンから盛岡に完全移籍。今シーズンは、明治安田生命J3リーグ10試合に出場している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング