【J1ピックアッププレビュー】健勇&ウィジョ不在の大阪秋の陣《C大阪vsG大阪》

超ワールドサッカー / 2018年10月5日 17時0分

写真:(c) J.LEAGUE PHOTOS

▽セレッソ大阪(勝ち点41/7位)と、ガンバ大阪(同33/13位)──。大阪の地を二分する両雄が6日にヤンマースタジアム長居で行われる明治安田生命J1リーグ第29節で激突する。

◆6年半ぶりの勝ちを〜セレッソ大阪〜
▽ACL出場権争いに身を置くC大阪。だが、直近2試合でジュビロ磐田、湘南ベルマーレから立て続けに勝ち点1ずつを掴むにとどまるなど、停滞感が漂う。その中で、前節の名古屋グランパス戦は、台風24号の影響で開催延期に。そのため、2週間のブレイクを経て、宿敵G大阪との大一番を迎えることになる。

▽ただ、エースのFW杉本健勇が右肩脱臼で離脱すると、FW柿谷曜一朗も胃腸炎でコンディション不良。負けられない一戦を前に深刻なFW不足に瀕している。中断明け後の13試合中12試合で失点を重ねる守備面を含め、尹晶煥監督がどのような策を講じるか。J1の舞台で6年半勝ちのない宿敵との一戦で勝利を目指す。

◆勢いをこのダービーでも〜ガンバ大阪〜
▽対するG大阪は前節、首位のサンフレッチェ広島をも吞み込み、3年半ぶりの4連勝。ついに降格圏からの脱出を成し遂げ、チーム内に好ムードが漂い始めている。そして、内容も広島を相手に崩しの形に持ち込むなど、右肩上がり。先発メンバーも定まりつつあり、薄氷の勝利を重ねる中でようやく現状のベストを見つけた感がある。

▽だが、今節に向けては、直近3試合4得点の韓国代表FWファン・ウィジョが累積で出場停止。チーム内得点王(13得点)の韓流ストライカーの穴をカバーする手立ては、宮本恒靖監督の構想にあるか。ようやく生還した残留圏を確固たるものにするためにも、広島を破り、本物であることを証明した勢いでこのダービーも勝つのみだ。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆セレッソ大阪[3-4-2-1]

(C)CWS Brains,LTD.
GK:キム・ジンヒョン
DF:木本恭生、マテイ・ヨニッチ、オスマル
MF:松田陸、山口蛍、ソウザ、丸橋祐介、水沼宏太、清武弘嗣
FW:山村和也
監督:尹晶煥
▽外国人枠の関係でFWヤン・ドンヒョンを起用できないことから、MF山村和也の1トップ出場が濃厚。2シャドーに入ることが予想されるMF水沼宏太、MF清武弘嗣とのトライアングルの関係性に注目が集まる。

◆ガンバ大阪[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝
MF:小野瀬康介、遠藤保仁、今野泰幸、倉田秋
FW:渡邉千真、アデミウソン
監督:宮本恒靖
▽大幅な選手の入れ替えや、布陣の変更はないだろう。注目ポイントの欠場となるファン・ウィジョの代役は、FWアデミウソンが有力。ボールキープに優れたFW渡邉千真とのコンビネーションに期待がかかる。

【注目選手】
MF山村和也(セレッソ大阪)
Getty Images
▽C大阪の注目選手は山村だ。尹晶煥監督の秘蔵っ子として昨年に8得点をマークした山村だが、今シーズンはここまでノーゴール。起用法に違いこそあれど、昨年の活躍ぶりを比べると、物足りない。やや落ち込み傾向にあるチームの起爆剤として、このダービーで輝けるか。

FWアデミウソン(ガンバ大阪)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽G大阪の注目選手は、アデミウソンだ。かつてU-21ブラジル代表で背番号「10」を背負った逸材だが、今シーズンのここまでわずか2得点。渡邉が今夏加入して以降は、先発出場の機会が減り、ここ4試合でもわずか1試合の途中出場にとどまる。C大阪戦は名誉挽回のチャンスだ。

◆状況に関係ないのが大阪ダービー
▽今節の最注目カードとなる大阪ダービー。最近の調子だけでみれば、G大阪に分がある一戦だが、現役時代から大阪ダービーの重要性を身をもって経験する宮本監督は「状況に関係ないのが大阪ダービー」だと言い切る。J1リーグ通算36回目となる大阪ダービーを制するクラブは果たして──。大阪ダービーは14時にキックオフを迎える。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング