レアル・マドリー、ロペテギ解任でコンテ招へいか? カギは今月末のクラシコに

超ワールドサッカー / 2018年10月8日 18時56分

写真:Getty Images

▽レアル・マドリーがフレン・ロペテギ監督(52)の後任として前チェルシー指揮官のアントニオ・コンテ氏(49)の招へいを考え始めているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

▽ジネディーヌ・ジダン前監督の電撃退任を受けて、今季からマドリーを率いることになったロペテギ監督。リーガエスパニョーラ第5節のエスパニョール戦までは公式戦5勝1分けと上々のスタートを切ったが、以降の4試合ではチャンピオンズリーグ(CL)でCSKAモスクワ、リーガでアラベスと格下に金星を献上するなど、4戦無得点での3敗1分けと泥沼の不振に陥っている。

▽この成績不振を受けて、フロレンティーノ・ペレス会長を含むクラブ首脳は早くもロペテギ監督の手腕に大きな疑問を抱き始めているようだ。

▽『アス』が伝えるところによれば、クラブ首脳陣は今月28日に控えるバルセロナとの今季最初の“エル・クラシコ”でチームが敗れることになれば、ロペテギ監督の解任に踏み切る可能性が高いという。そして、現時点でコンテ氏が唯一の後任候補だという。

▽その一方で、リザーブチームを率いるサンティアゴ・ソラーリ監督(41)を暫定指揮官として昇格させることも検討しているようだ。

▽なお、マドリーでは過去にファビオ・カペッロ氏、カルロ・アンチェロッティ氏と2人のイタリア人指揮官を招へいし、いずれの体制下でも国内リーグやCLのタイトル獲得に成功している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング